赤ちゃんの健康に関わる妊娠中の食事の注意点とは。

胎児への影響を考える~摂取には気を付けるべき食材~

妊娠中は口にする食べ物にも注意しておかなければなりません。胎児に影響を及ぼす可能性がある食材を見ていきましょう。

妊娠中の生肉の危険性

生肉を食べると「トキソプラズマ」や「O-157」といった感染症にかかる可能性があります。「トキソプラズマ」は鳥や哺乳類に付着している寄生虫で、日本では豚からの感染例の報告が多いです。「豚肉はよく焼いて食べろ」と言われているのは食中毒を防ぐためなのです。妊娠中にトキソプラズマに感染してしまうと、生まれた子供の精神発達に影響が出てきてしまいます。必ず加熱処理をしてから食べるようにして、調理する際は肉用のまな板と他の食品のまな板を分けて使うようにしましょう。

生魚も油断禁物

魚にはDHAやEPAといった健康成分が豊富に含まれているので、妊婦には欠かせない食材です。中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする作用のあるDHAやEPAは体内で作ることができないため、魚を食べることで貴重な健康成分を摂取することができます。しかし、魚には水銀が含まれているため、妊娠中に食べる際は注意が必要です。水銀は胎児の先天性異常を引き起こす可能性があるため、水銀含有量が多い魚は食べないようにしましょう。

魚介類摂取時の注意点

妊娠中に魚介類を食べる時は、水銀量に注意しておきましょう。水銀はお腹の赤ちゃんに悪影響なので、摂取しすぎないように食べる量の目安をしっかりと把握しておくことが大切です。

週2回
含まれている水銀の量が少ない魚は、週に2回の摂取が目安とされています。キダイ・ミマミマグロ・マカジキなどは、1回の食事で80g食べるとして、週に2回(160g)を目安に食べるようにしましょう。
週1回
メバチマグロ・キンメダイ・クロマグロ・メカジキなどの魚は、私たちの食生活でもよく見かける魚ですが、先ほど挙げたものに比べると水銀の量が多めなので、食べるにしても週に1回までにしておきましょう。

生の食材は極力避ける

水銀を含まず、妊婦が食べても問題ない魚は、アジ・サバ・イワシ・タイ・タラなどの白身魚や青魚です。魚介類の中には、妊娠中に食べていいものと悪いものがありますが、たとえ食べていいものでも食中毒のリスクを考慮して、刺身など生で食べるものは避けたほうがいいでしょう。できるだけ火を通してから食べることで食中毒のリスクを下げることが重要です。

調理時も気を付ける

妊娠中は免疫力が下がっているため、思いもよらないことが原因で流産や切迫早産につながる可能性があります。たとえ自分が食べなくても、調理する時に生ものを触った時にはしっかりと手を洗うようにしましょう。

妊娠中の食事~やってはいけない事を知って上手に栄養摂取~

妊娠中の食事は、胎児の成長にも関わる重要なことです。妊娠中の食事の注意点を紹介するので、参考にしてみてください。

妊娠前と同じ食事は禁止

日本人女性の塩分の摂取量は、平均で10.1gです。しかし、妊婦の場合は1日の塩分摂取量の目安は8gと2g少ないです。つまり、今まで通りの食生活だと塩分を多めに摂取してしまうことになるのです。妊娠中は妊娠する前に比べて、胎児の分も栄養を取らなければなりません。そのため、以前よりたくさんの量を食べるようになります。食べる量が増えると塩分の摂取量も多くなってしまうので、間食を減らすなどして対策をする必要があります。

塩分の摂取量を考える

塩分の過剰摂取は母体にも胎児にも良くありません。最悪の場合、子宮内で胎児が死亡してしまうこともあるので、胎児の健康のためにも妊娠中の塩分摂取には細心の注意を払うようにしましょう。

お菓子やインスタント食品を減らすだけでは不十分ですか?
妊娠中の塩分摂取量を減らすには、インスタント食品やお菓子を控えるだけでは意味がありません。他にも、料理に使用する塩の量を少なくしたり、塩分がたくさん含まれている麺類のスープは飲まないようにしたりといったことが大切です。もし薄味が嫌なら、酸味でカバーすることもできます。また、ドレッシングやソース類は必要以上にかけず、小皿に入れてつけながら食べるといいでしょう。

妊娠中の食事を楽しむ方法

妊娠中は食べるものにも気を遣わなければならないので、人によってはそれがストレスになってしまうかもしれません。妊娠中は極端な食事制限をするのではなく、食べる物を変えて上手に栄養を摂取するように心がけましょう。例えば、ハンバーグは肉ではなく豆腐で作ってみたり、葉酸をほうれん草やブロッコリーといった野菜ではなく、イチゴやキウイなどのフルーツで摂取してみたりと、色々工夫の仕方はあります。苦にならない、むしろ楽しんで食事できる方法を探してみましょう。

妊娠中の食事はバランスが大事

妊娠初期はつわりがひどく、思うように食事ができない人も多いでしょう。それだけでなく、無性に甘いものが食べたくなったり、ジャンクフードが食べたくなったりします。しかし、妊娠中はお母さんが食べて摂取した栄養は赤ちゃんにも吸収されます。栄養のバランスが偏ってしまうと、少なからず赤ちゃんに影響が出てしまうでしょう。妊娠中は食事のバランスにも気を付けて、元気な赤ちゃんを出産できるようにしたいものです。

TOPボタン